Hi-ν GUNDAM  H.W.S.


top.jpg




あ~、塗装より面倒(嫌い)な撮影が終了しました。
このくらいで勘弁してやって下さい。

それにしても、最近(なのか?)フルアーマーユニコーン、バンシィ、Hi-ν*2、ν*2と完成しだすとドコ持ってイイのか判らんキットばっかり作ってるような気がします。

はやくズサに入りたい・・・。

100.jpg
101.jpg
102.jpg
103.jpg
104.jpg
105.jpg
106.jpg
107.jpg

改修ポイント:
頭部: スジボリ追加等のディテールアップ。
     ツインアイはLEDによる発光をオミットし、シール+塗装にて対応しています。

胸部: 首基部は模型誌を参考に一部フレームを切り離し、位置関係を改善することでアゴが引けるように改修しています。
     その際、首基部ストッパーが機能しなくなるので、LEDと同形状のダミーをプラ材から製作し収納することで強度を
     確保しています。

腹部: フレーム部分で4mm延長。外装をワザと延長しないことにより、フレームの露出を演出しています。

腕部: 肩部分上部に内蔵されているバーニアを市販パーツに置き換えて大型化。
     ヒジ部分のサークルには本体色に塗装したエッチングを貼り付けディテールを追加しています。
     全身に配置されている角型バーニア底面にはモールドプラ板を配置し精密度アップを行っています。

脚部: フトモモ部分に穴空きレッドフック(?)ディテールを追加。
     このディテールは模型誌を参考したもので、 同様のディテールは肩、脇、脚部等全身に施しています。

ファンネル: バーニア基部の四隅にあるディテールはメッキビーズを使用。中央バーニア部分には
         ジョイント接合部がありましたが、個人的な趣味で他のバーニア部同様、モールドプラ板で塞ぎました。
         これによりファンネル飛行状態の再現は不可能になっています。MG νガンダムと共用のファンネルの為、
         フィン中央部、及びサイド部分に不必要な穴が開いているので、プラ材でそれらしく塞ぎ、更に塗り分けることで
        ディテール密度を上げています。

武装: 全身と同様モールド部はタガネ等で彫り直しディテールの鮮明化、スミイレの容易化を施し、丁寧に面出しもしています。
     ハイパーメガライフルのバイポッドは個人で可動化してくれと言わんばかりの構成だったので、
     可動部基部にABS製ボールジョイントを配置し可動化しています。

カラーリングデータ:
全身可能な限り塗り分けを施しています。
□ ホワイト: EXホワイト + EXブラック 
 グレー(濃): ニュートラルグレーII
 グレー【薄): ニュートラルグレーIII
 パープル: パープルヴァイオレット
 フレーム: メカサフヘヴィー
 グレー: ファントムグレー
 イエロー: イエロー + オレンジ + EXホワイト








スポンサーサイト
[ 2015/07/19 13:35 ] hinew01 | TB(-) | CM(0)